Category - 子供の生活

シリアの子供の生活とは長く続くシリア内線で、1万人を超える子供たちが犠牲になっています。化学兵器を全廃する計画は進んでいるのですが、子供の人道危機は深刻になっており、子供の戦闘参加や人間の盾、自爆テロに利用されている事実もあります。また、至近距離からの銃撃、スナイパーの狙撃など意図的に子供を狙った事件も増えています。
シリアの子供の4人に1人は肉親を失っており、家族を失う瞬間を目撃してしまう子供も少なくありません。学校は破壊され、スクールバスを標的とした攻撃も発生しているため、教育が受けられない状況になっています。
シリアから逃れた難民の少女は、生活費を得るために裕福な男性と結婚し出産するという、早すぎる結婚も問題となっています。
国連は、子供たちを守るために緊急措置を講じるよう、あらゆる方面に呼びかけています。しかし、内戦は泥沼化し、子供たちがたくさん集まっている場所を狙っての攻撃が頻繁に起こっているのです。少しでも早い戦闘の終結が求められています。