シリアはなぜ戦争が多いのか

シリアはなぜ戦争が多いのかシリアと聞くと戦争というキーワードが頭に出てくる人もいる人も少なくないほど、シリアと戦争は切っても切れない関係となっています。では、どうしてシリアには戦争が多いのでしょうか。

中東各国はイスラム教を信じている人が多く、宗教上では一つにまとまっていると言っても良いでしょう。
しかしその中はさまざまな派閥ができており、その間で戦争が起きています。
その原因の一つが利権の争いです。
シリアを始め中東各国の環境はそれほど良い訳ではなく、農業が発達していません。
その為、他の自然豊かな地域に比べると働き口が少なく、どうしても若者があふれてしまいます。
また充分な食事を食べる事ができないという場合も少なくありません。

その点、戦争に参加すると食事の保証を受ける事ができるので、一定の生活は送る事ができる様になります。
従って戦いたいから戦争が起きるというよりは、生きていく為に戦争に参加している、これがシリアで戦争が多い理由の一つとなっています。

Previous Post

Next Post