シリアはどんな国?

シリアはどんな国?近年シリア人質事件などでニュースで取りざたされるようになったシリアですが、その国についてはなんとなくでしか知らないという人が多いと思います。
シリアは正式にはシリア・アラブ共和国という中東・西アジアの共和制国家です。世界的にも歴史も古く世界四大文明のひとつメソポタミアから始まり、ヨーロッパからもギリシア・ローマと支配者が現れたりと古代から近年に続き、波瀾の多い国です。
地中海から80kmほど内陸の場所に首都ダマスカスがあり、歴史が古いこともあり歴史的建築物が多く現存しています。そのひとつであるウマイヤド・モスクは、世界最古そして世界最大級のモスクです。イスラム教第4の聖地として巡礼者が絶えない場所になっており、内部には巡礼者・ヨハネの墓があったりとキリスト教徒にとっても重要な巡礼地になっています。また巡礼者以外にも1979年に世界遺産「古代都市ダマスカス」の一部として登録されており、観光客も多く訪れる観光地にもなっています。
そんな歴史的にも魅力のある国も今ではシリア騒乱があり気軽に訪れることが出来なくなってしまいました。